スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 音楽ブログへ ブログランキング☆BITZ 人気ブログランキング くつろぐ
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


BOSE Companion 3II と Companion 5の比較

Companion 3II と Companion 5 を視聴して比べてみましたが
Companion 5のほうがCompanion 3IIよりも低音の締まりと
中高音の臨場感が際立っていました。

低音については、
伸びやかでやわらかい低音を出してくれるCompanion 3IIのほうを
好まれる人もいるのではないでしょうか。

Companion 3IIは、
中音は弱めで、ウーファーの向きで中音域の弱さを補強。
低音は伸びやかでやわらかい。
デスクトップでもリビングでも場所を問わず、
近距離~中距離の広さで楽しめる。

Companion 5は、
中高音の臨場感がすばらしい。
低音に締まりがある。
デスクトップで最高の空間を演出してくれる。
近距離で最大最高の性能が出せるように
設計されている。

というわけで、どちらも個性的というべきか、
音質も違えば、聴ける環境の幅も違います。
聴く人それぞれが聴く音、聴く場所によって、
どちらを選ぶかがポイントになります。

それでは、もう少しだけ細かく比べてみましょう。

【臨場感】
Companion 5の方が圧倒的に上です。
擬似的と言えども5.1chサラウンドサウンドだけあります。
Companion 3IIも音場補正を行っているものの、
Companion 5には負けます。

【音域】
高音域は、Companion 5の方がCompanion 3IIより
伸びがあるように感じます。
低音域は、Companion 3IIのほうが伸びています。

この低音についてはCompanion 3IIで、
ドラムやベースの音や足音などを聴くと
リアル間が伝わってきます。
低音のリアル間という面ではCompanion 3IIのほうが
良い感じですね。

【音質】
全体的には、やはりCompanion 5の方が上です。
中高音のきめが細かさと粒立ちの良さや、
締まった低音+臨場感でCompanion 5が完全勝利となります。

でもCompanion 3IIのように、
聴くという面では融通が利きません。
プライベートルームで質の高い音を独り占めできるという
贅沢を選ぶならCompanion 5は最高の空間を与えてくれます。

そこそこの広さに対応し、リアルな低音を再現してくれるCompanion 3II。
詳細はCompanion3 II
コンパニオン3 II

デスクトップスペースで最高の音空間を独り占めできるCompanion 5。
詳細はCompanion5
コンパニオン5




にほんブログ村 音楽ブログへ ブログランキング☆BITZ 人気ブログランキング くつろぐ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。