スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 音楽ブログへ ブログランキング☆BITZ 人気ブログランキング くつろぐ
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


BOSE Wave Music System Q&A

BOSE Wave music systemウェーブミュージックシステム)について。
ボーズ・オンラインストアより)

Q:操作方法は難しくないですか?
A:シンプル設計だから誰も届いたその日から、
  心に響く美しい音をお楽しみいただけます。
  すべての操作は、コンパクトなカード型リモコンで行います。
  リモコンは操作性を重視した使いやすい設計で、
  初めての方でも直感的な操作が可能です。

Q:トーンコントロールはついていますか?
A:独自技術の「アクティブ・エレクトロニクス・イコライゼーション」や
  コンプレッション回路により、ボリュームの大小にかかわらず
  常に最適な音質に自動調整しますので、あえてトーンコントロール機能は
  つけていません。また、低音が強調されて放送されているラジオ局の
  トーク番組やニュース番組のアナウンサーの声は、
  スピーチEQ(トークラジオモード)をONにすることで、
  よりすっきりと聴きやすくすることができます。

Q:スロットローディング方式のCDドライブはディスクを傷つけやすくないでしょうか?
A:ディスクを取り込む開口部には、内部へのホコリの侵入を防ぎ、
  挿入時のディスクの傷つきを防止する緩衝材がついています。
  また、ディスクの検知には赤外線方式を採用し、
  ディスクに直接触れないようになっていますので、ご安心ください。

Q:リモコンが見当たりません。中に入ったCDを取り出すにはどうすればいいですか?
A:リモコンを使わずにCDを取り出すには、いったん電源コンセントを抜いてください。
  再び差し込むことでCDが自動的にイジェクトされます。
  イジェクト状態でそのまま約10秒放置すると、再びCDを取り込んでしまいますので、
  それまでの間に取り出してください。

Q:MP3形式の音声ファイルは再生できますか?
A:再生できます。
  MP3形式を用いればCD約10枚分のデータをCD-R/RW1枚に収めることができ、
  10時間以上の途切れない連続再生が可能になります。
  再生可能なビットレートは64kbps以上に対応しておりますが、
  音質上の観点から128kbps以上のご使用をお勧めします。
  またVBR(バリアブルビットレート)を使用したMP3も再生できますが、
  VBRは安定した音質が得られないため、お勧めしておりません。

Q:MP3形式以外の圧縮形式にも対応していますか?
A:対応していません。
  AACやWMAなど他の圧縮形式(lossless含む)を記録したディスクは再生できません。
  MP3と混在して記録したディスクの場合、MP3形式分のみ
  認識(再生)できる場合もありますが、正しい動作を保証できませんので、
  お勧めしておりません。

Q:CD-RやCD-RWメディアは再生できますか?
A:録音に使用したCDレコーダーやCD-R/CD-RWディスクの
  特性、傷、汚れや書き込み時の状況(相性)により再生できないものもありますので
  ご注意ください。

Q:コピーコントロールCD、シングルCDは再生できますか?
A:コピーコントロールCDは問題なく再生できますが、
  シングルCDや円形でないCDを挿入すると正しく再生できないばかりか、
  取り出しできなくなる場合がありますので使用しないでください。
  また、シングルCDアダプタを装着してのご使用も動作保証対象外となりますので
  ご注意ください。

Q:CDは同時に何枚入りますか?
A:Wave Music System本体は、CD1枚のみしか挿入できません。
  オプションで販売しているCDチェンジャーはCD3枚を収納できるので、
  こちらをご使用いただくことで本体とあわせて最大4枚が装填可能です。

Q:DVD(DVD-Video、DVD-Audio、DVD-R/RW/+R/+RW/RAM)や、SACDは再生できますか?
A:対応していません。
  特にDVDのディスクは挿入すると最悪取り出せなくなる可能性がありますので、
  絶対に挿入しないでください。SACDについては、ハイブリッド版SACDの
  CDレイヤー層は再生できる場合がありますが、正しい再生を保証するものではありません。

Q:テレビの音声は聴けますか?
A:内蔵しているチューナーはテレビの周波数帯をカバーしていませんので、
  テレビの音声を聴くことはできません。ただし、テレビの音声出力端子と、
  Wave Music Systemの外部入力端子を市販のオーディオケーブルで接続すれば、
  テレビの音声をWave Music Systemから聴く事ができます。

Q:MDやカセットは接続できますか?
A:本体背面に外部入力端子を装備しておりますので、
  市販のオーディオケーブルで接続していただければ、
  MDやカセットの音声もお楽しみいただけます。
  デジタル接続はできませんが、アナログ入力でも
  内部でデジタル変換して再生されます。
  また、音声出力端子は装備されておりませんので、
  再生中のラジオやCDを録音することはできません。
  なお、レコードの音をWave Music Systemで再生したい場合は
  フォノイコライザー内蔵のレコードプレーヤーか、
  もしくは別途フォノイコライザーをご用意ください。

Q:ヘッドホン端子はついていますか?
A:本体背面にヘッドホン端子を装備しております。
  ヘッドホンを接続すると自動的に本体のスピーカー側から出る音を
  ミュート(消音)します。また、ヘッドホンを接続したままにしていても、
  アラームタイマーでセットした時間に再生する音は、本体から出るようになっています。

Q:Bose Link端子はどのような使い方ができますか?
A:Bose Link(ボーズ リンク)は当社の他製品を外部機器として接続するなど、
  拡張性をもたせるために設けております。現在のところ、
  アクセサリーとして販売している専用CDチェンジャーと操作パネルに対応しています。

Q:スピーカーの増設など外部出力はできますか?
A:音声出力端子がないため、現在のところスピーカーの増設や、
  Wave Music Systemを他のアンプなどに接続することはできません。

Q:テレビの上に置いても大丈夫ですか?
A:Wave Music Systemに使用されているスピーカーや電源回路は防磁タイプです。
通常の使用であればブラウン管型テレビやパソコン用モニターなどには
ほとんど影響がありませんので、置き場所を選ばずに安心してご利用いただけます。

Q:停電などがあった場合、再度時刻などの設定をする必要がありますか?
A:停電時や移動のために電源コンセントを抜いた場合でも、
バックアップ機能により、AM/FMのラジオ放送局プリセットや
時計(時刻)の設定は約48時間記憶していますので、
わずらわしい再設定の必要はありません。

Q:乾電池(バッテリー)で動きますか?
A:乾電池ではご使用になれません。
100V電源の家庭用コンセントからのみ対応となります。

Q:リモコン電池はどのくらいもちますか?
A:電池はリチウム電池ですので、通常の使用であれば
3~4年間は交換の必要はありません。
なお、ご購入時にセットされている電池は動作チェック用です。
消耗していた場合は、新品の「CR-2032」の電池と交換のうえ、ご使用ください。

Q:ディスプレイの明るさは調整できますか?
A:表示部では周囲の明るさを感知し、明るい時は明るく表示する「ノーマル」と、
暗くなると薄暗く表示する「ディム」の照度切り替えを自動的に行っています。
ただし、お好みに応じてシステムセットアップメニューにおいて、
「ノーマル」時と「ディム」時それぞれ8段階の明るさの微調整も可能です。

Q:再生前に音量の調節は可能ですか?
A:可能です。本製品は電源オフ時でも音量の調節を10-75までの範囲内で行えます。
静かな音量で聴きたいときなどは、電源を入れる前にあらかじめ
お好みの音量に設定してください。

Q:アラーム音は選べますか?
A:お気に入りのCDやAM/FMラジオをアラーム音として設定することが可能です。
アラーム動作時は徐々に音量が上がる「フェードイン機能」を採用しているので、
突然の大音量で驚かされることもありません。
また、電源が入っていてもアラーム設定は有効になるため、
お気に入りのラジオ番組が始まる時間にアラームをセットし、
それまでCDや別のラジオ局の番組を聴くという使い方もできます。

Q:アラームとスリープのタイマーを同時に設定できますか?
A:同時に設定できます。音量もそれぞれ別々に設定できますので、
夜お休みになる際は小音量で、朝は大音量で目覚めるというような
使い方もできます。アラームのときの再生は音量が徐々に大きくなる「フェードイン」、
スリープのときには音量が徐々に小さくなる「フェードアウト」を行います。
また、内蔵時計にはクォーツ方式を採用しているため、
外来電源ノイズなどの影響による時刻の狂いも起こし難くなっています。

Q:ラジオの受信状況が悪い場合はどうしたら良いですか?
A:FMアンテナは電源コードの中に収められていますので、
電源コードを束ねたままにせず伸ばしてご使用いただければ、
受信状況を改善することができます。それでも改善しない場合は、
付属のT型FMアンテナをお使いいただくか、市販のFMアンテナをお試しください。
AMアンテナは本体に内蔵されていますので、
本体の向きを感度がよくなる方向(放送局の方面)に向けて設置していただくか、
窓際など比較的受信しやすい場所などに置いて微調整してください。

Q:海外仕様との違いは何ですか?
A:電源電圧、ラジオ受信周波数帯域の違いの他に、
T型FMアンテナの標準付属、省エネモードの搭載などの点において、
仕様が異なります。

Q:海外で購入したWave Music Systemは日本で使えますか?
A:ご使用いただけません。
Wave Music Systemは、販売する国ごとに電源電圧などの
仕様を合わせて製造しておりますので、ご使用になる地域でご購入ください。
なお、各国の電源電圧に合わせた変圧器を使用すれば、
一部機能のみを使用することはできますが、誤動作を起こす恐れがありますので、
お勧めしておりません。
また、海外で購入したWave Music Systemを日本仕様に変更することもできません。

Wave Music System/Wave Music System-SoundLinkが
多くの方々にお楽しみ頂けるように新価格で提供されています。

・Wave Music System-SoundLink
 従来価格:87,570円(税込)→新価格:74,760円(税込)
ウェーブミュージックシステム - サウンドリンク

・Wave Music System
 従来価格:74,790円(税込)→新価格:64,890円(税込)
ウェーブミュージックシステム

詳細は、Wave music systemWave music system - SoundLinkへ。

また、他にWave Music System with multi CD changer/専用CDチェンジャー/
専用SoundLinkアダプター/専用SoundLinkアップグレードキット/
専用iPod接続キットも新価格で提供されています。
BOSEショッピングサイトの"Wave music System"製品詳細のページから
"Wave music System"のアクセサリーページをご覧ください。
"Wave Music System with multi CD changer"については、
BOSEショッピングサイトの"ウェーブシステム"のページにございます。
ボーズ・オンラインストアへ

***BOSE Wave Music Systemについて***
BOSE Wave Music System(ウェーブミュージックシステム)の音へ

BOSE Wave Music System(ウェーブミュージックシステム)の置き方へ

BOSE Wave Music System(ウェーブミュージックシステム)の構造へ

BOSE Wave Music System(ウェーブミュージックシステム)の手軽さへ

BOSE Wave Music System(ウェーブミュージックシステム)の操作性へ

いろいろな"Wave Music System"へ

BOSE Wave Music System(ウェーブミュージックシステム)の評価・評判へ

BOSE Wave Music System Q&Aへ




にほんブログ村 音楽ブログへ ブログランキング☆BITZ 人気ブログランキング くつろぐ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jem.blog5.fc2.com/tb.php/192-a0f07e41


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。